• ホーム
  • 抗生物質なので効果絶大!ニキビ治療薬ダラシンTゲルの威力

抗生物質なので効果絶大!ニキビ治療薬ダラシンTゲルの威力

顔にクリームを塗っている女性

肌に出来てしまったニキビは、放置するよりも早めに治療薬を使用することで炎症を進行させることなく短期間で治癒させることが可能です。そのためにも炎症を抑えてくれる効果的な治療薬を探しているという方は少なくありません。そんな方におすすめするのがダラシンTゲルです。このダラシンTゲルはニキビの治療に用いられている抗菌外用剤です。

数多くのニキビ治療薬の中でもダラシンTゲルが支持されているかというと、主成分にクリンダマイシンと呼ばれるリンコマイシン系の抗生物質を配合しているからで、最近のタンパク質合成を阻害することで高い抗菌力を与えます。ニキビはホルモンバランスの変化による皮脂の過剰分泌によって、毛穴内部に皮脂が蓄積することが原因と言われています。そこにアクネ菌やブドウ球菌などの細菌類が増殖することで、赤みが腫れがひどくなるため、ダラシンTゲルを患部に塗布することで、アクネ菌やブドウ球菌を殺菌、除去することが可能です。

継続して利用すると赤みや腫れを改善しつつ、炎症性皮疹を減少させる効果が高くなります。このような作用から、医療機関では細菌による可能性炎症を伴うニキビの治療薬として用いられているのです。今までニキビ治療薬にはナジフロキサシンと呼ばれる既存の外用抗菌剤をしようしていましたが、ダラシンTゲルを利用することで炎症性皮疹の減少率が高くなる結果がわかり、治療時に処方される薬として選ばれています。この咬筋外用薬は軽度から中程度の炎症性皮疹の治療に効果があるとされ、症状が進行して起こる結束や嚢腫を伴う場合は内容抗生物質を同時に処方されることが多いです。

現在ダラシンTゲルはゲルタイプとローションタイプの2種類が販売されており、ベタつきやしっとりとした使用感を求めるなら半固形状の塗り薬であるゲルタイプがおすすめですし、さっぱりとした使用感を求めるならローションタイプを利用するようにしましょう。乾燥気味なら前者、脂性肌なら後者を選ぶと肌のコンディションが改善しやすいです。使用する場合は洗顔後に患部に塗布するようにします。この外用薬は高い刺激がある特徴があるので決められた患部に丁寧に塗るようにして、皮膚全体に塗り拡げないように注意しましょう。炎症がひき赤みや腫れが目立たなくなるまで使用するようにして、4週間続けて使用しても効果が得られない場合は使用を中止して医師に相談をすることが大切です。